おすすめ邦画

【低評価邦画】アマゾンプライムの評価悪すぎる!? 〜少林少女〜

少林少女

 

しんご
しんご
年間100本以上映画を見ている私が、最近見た作品をクイズで面白く紹介しているブログです!!

 

今回は、カンフー系の日本映画を紹介していくよ!!
なんだか低評価が多い映画だが、アクションシーンは実物で楽しめる。
格闘シーンだけ見たい方は、半分以上飛ばしてみることになるかも・・・。

 

おすすめ邦画
  • 少林少女

 

むビオくん
むビオくん

これは主演の「柴咲コウ」が活躍するアクション映画だよね!?

しんご
しんご

そうなんだよ!
ということで、ぞれぞれ「あらすじ」「おすすめポイント」を簡単に紹介していくよ!

しんご
しんご

記事の後半はストーリーに関するクイズもあるよ!!
ぜひ答えてみてね!!

 

少林少女

映画 少林少女出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/327993/
公開日2008年4月26日
主な演者柴咲コウ
仲村トオル
キティ・チャン
岡村隆史
江口洋介 など
監督本広克行
上映時間107分
興行収入15.1億円

引用元サイト:Wikipedia

しんご
しんご

柴咲コウかっこよすぎやん。。。

 

簡単なあらすじ

 

少林拳を中国で修行した凛は、帰郷して少林拳を広めようと考えていた。

そんな中である中華料理店の娘から少林拳を教わる代わりに、ラクロス部に参加することになる。

しかし、凛は少林拳しかやってきておらず「チームワーク」という言葉が皆無だった。

そんな凛だったが、ラクロスを通して仲間と協力して勝利を掴むことを知る。

ラクロスで結果を出し始めた凛だったが、思わぬ黒い影が近づいていた…。

 

おすすめポイント

 

この「少林少女」のおすすめポイントは

  • 凛の格闘シーン
  • 岡村隆史の面白シーン

だ!!

 

凛の戦闘シーン

ド派手な戦闘シーン出典:https://twitter.com/kagaho04/status/889017835548065792?lang=ar

やはり少林拳というだけあって、格闘シーンは見所!!

後半、凛の秘めたる気をよくない方向に利用しようとした学長との対決まで、数々のCGを使った戦闘シーンが興奮すること間違いなし!!

 

岡村隆史の面白シーン

陽気な岡村隆史出典:http://blog.livedoor.jp/kyosan3/archives/2334250.html

凛がしたことを真似したり、おっちょこちょいの中華料理人との会話だったり、大学の噴水に遊ばれたり。。。

やっぱり芸能人の面白さがある!!

最後には…!?!?

 

クイズ

しんご
しんご

さぁここからストーリーに関するクイズを出題するよ!

 

 凛が中国で少林拳の修行をしたのは何年間?

1. 5年間

2. 8年間

3. 9年間

4. 20年間

 凛が通うこととなる大学は、ラクロス部となんの部活に力を入れていた?

1. バスケ部

2. ビーチバレー部

3. 野球部

4. サッカー部

 凛は少林拳はなんのためだと考えていた?

1. 攻めるためのもの

2. 戦うためのもの

3. 広めるべきもの

4. 守るためのもの

 なぜ凛は中国へ修行に行かされた?

1. 中国に叔父がいたから

2. 狙われていたから

3. 気が大きかったから

4. 弱かったから

 学長の前に凛が戦った相手は?

1. ラム

2. 田村(岡村隆史)

3. 岩井(江口洋介)

4. ティン

 

クイズ 答え

しんご
しんご

あなたは何問正解できたかな・・・??

 

 3. 9年間

帰郷した凛出典:https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000856I3

解説:師範代から故郷へ帰ると何をするか、それぞれ聞かれた。

「客室乗務員になる」「女優になる」と夢を宣言する中、「少林拳を広める」と心に決め日本へ帰郷する。

 2. ビーチバレー部

大学のラクロス部出典:https://ameblo.jp/semeya/entry-10091674084.html

解説:大学の学長である大場雄一郎(仲村トオル)は売り上げを重視している大学を作っていた。

ご想像の通り、あまりいい噂はない。

そんな大学になんの因果か、凛はラクロス部の一員として転入してきた。

学長と凛が出会う瞬間に、流れが変わる。

 4. 守るためのもの

修行を続ける凛出典:https://ei-gataro.hatenablog.jp/entry/20150303/p1

解説:凛は生まれた時から少林拳をやっていた。

そんな当たり前の少林拳を、守るためのものだと定義した。しかし、まだ絶対的に確信を持てているわけではなかった。

そこでたくさんの人に少林拳を広めることで、何かを定義したかったのだ。

 3. 気が大きかったから

気が大きい凛出典:https://blog.goo.ne.jp/yochan_1959/e/421feb4618564ff7489ebe82fe3f5bea

解説:凛には昔から怪しい影があった。

その気をしっかりとコントロールできるように、中国へ修行に行くことになった。

しかし大学の学長が、その気を呼び起こす引き金を引く。

帰郷したばかりの凛だとすぐに悪に染まってしまっただろうが、ラクロスを通して成長したのだった。

 2. 田村(岡村隆史)

岡村隆史VS柴咲コウ出典:https://ameblo.jp/katsuyahadaoka/entry-12302720874.html

解説:今作品で一番のみどころかもしれない!

田村が凛に対してどう接していたのかを、見ていると意外性があっていちばんのみどころ。

凛が一度やられてしまう時、実際の撮影では岡村は「手を抜かないで」と柴咲コウにお願いされ、顔が腫れるほど蹴ったという撮影の裏もあるようだ。。。

柴咲コウの本気度が伺える!!!

 

まとめ

 

ここまで「少林少女」を紹介してきた。

この作品のポイントは何と言っても「戦闘シーン」

迫力ある戦闘シーンツッコミどころ満載に 楽しめること間違いない!!

ぜひ次の休みに見てみてね!

では、また!!

 

少林サッカー・カンフーハッスル
【絶対!!必見!!】おすすめ洋画集 少林サッカー/カンフー・ハッスル この記事では、年間100本は映画を見ている私が この季節におすすめすべき洋画集 をわかりやすく紹介します!! ...

 

今作品を【無料】で見るならここをクリック!!